体幹トレーニングでお子様の運動能力を伸ばす!


 

体操教室ではありません。

体育教室でもありません!

子供たちが運動が好きで得意になること、

運動神経を良くして姿勢をよくすることを目的にしたトレーニング教室です。

HANAのコンセプト

自分の身体を自分の思うように

〝コントロール〟できるようになる

②子供の運動神経、運動能力の〝土台〟を造る

③〝発育〟〝発達〟成長の過程で必要なトレーニングを行う

 

こんなお悩みありませんか?


・身体硬くてよくケガをする!

・すぐに疲れて持久力がない!

・姿勢が悪く体育が苦手

・ほかの子に比べて動くがどんくさい!

・走るのがおそい!

・鉄棒ができない!前回りや逆上がりが苦手



近年、子供の姿勢の変化や肩こり、腰痛や頭痛は深刻な問題になりつつあります。

体力面では体の硬い子が増え、上手にしゃがめない。バランスが取れない。ボールの投げ方がわからない。

他では集中力に欠ける。集中力、判断力の低下、座っていられない、猫背、声が小さいなど。

こんな子供たちが増えています。

 

 

なぜだかわかりますか??

 

それは赤ちゃんの時にやらなければならない運動を飛ばしてしまったり色々な動きを覚える時期に環境がなかったりしているからです。

現代の子供たちはその身体で習い事をしスキルを習得しようと頑張っています。

サッカー、野球、ダンス、体育、プールなどで指導者から教えてもらったことを理解はしているけれど

身体が思い通りに動かない!

今子供たちに必要なのは自分で自分のカラダを操れる能力なのです。

体幹トレーニングを行うことにより体の土台をしっかりと作ることができます。

土台がしっかりできるということは体の運動神経も上がるということ。

全てのスポーツに置いて機敏な運動能力を高めることができます。

体幹トレーニングを行うことによってインナーマッスルが鍛えられてよい姿勢にもつながります。

体幹トレーニングは子供の身体の基礎を強くし、姿勢をよくし運動能力を高めることができます


そもそも体幹って?

体幹とは「体の幹」と書きます。つまり胴体のこと。

頭部や手足を除く部分のことを体幹といいます。

体幹を鍛えることでどうなるの?

  1. 姿勢が良くなる

猫背のこは腹筋や背筋などの筋肉が弱い子が多いです。

体幹トレーニングをして腹筋や背筋をつけることで姿勢を保持できることができます

  1. 基礎体力が上がる

身体の土台となる筋力がつくので基礎体力があがり疲れにくい身体、持久力がついていきます

  1. 走るときや泳ぐときなど、軸がぶれなくなる

体幹を鍛えることで脊柱の安定性を高め、軸がぶれなくなります。

軸がぶれないので腕や足が動かしやすくなるめ、どんなスポーツでもスキルアップ効果が生まれます。

 

  1. 内臓の動きが良くなり基礎代謝が上がって免疫力アップ

内臓の支える大腰筋が鍛えられるので骨盤の位置が正しい位置に戻ります。

そうすることで内臓の働きが良くなって消化不良や食欲不振が改善されます。

又、体温が1度上がると免疫力が30%上がるといわれています。

筋肉量の多い体幹部分を鍛えることで、基礎代謝が上がり、体温が上がります。

 

 


4才から8才の時期はプレゴールデンエイジ9才~11才の時期をゴールデンエイジといいます。

ゴールデンエイジでは動きお巧みさを身につけるのに適した時期。

その前のプレゴールデンエイジの時期に身体を動かして様々なうごきを経験させてあげておくとゴールデンエイジでの成長を促すことができます!!


                         料金表
入会金 ¥5000(体験時入会で¥3000)
ドロップ ¥1500/回

4回チケット

¥4000有効期限1ヶ月
8回チケット ¥8000有効期限2ヶ月
 スポーツ保険  ¥2000(年間一括払)

兄弟割引⇒料金価格より10%引き(入会金、保険除く)

振替制度あり。